都合の良い生き方をしたいコミュ障による雑記ブログです。

19万円もお得!?節約に直結する結婚式手作りアイテム一覧【花嫁DIY】

ショコハジロです。

結婚式。それは一生に一度となるであろうスペシャルイベント!

・・・そして何百万というお金が1日にして飛んでいくとんでもない日でもあります。

やりたい演出はいろいろあれど、なかなか予算内に納まらず頭を悩ませている花嫁さんも多いのではないでしょうか。ある程度手作りとかはするから、どこか節約できる所ないの!?

という事で今日は、節約に直結する結婚式手作りアイテムをいろいろご紹介したいと思います。是非参考にしていただき、節約できる所はして素敵な結婚式を挙げましょう!

50人分の計算で大体の節約効果の目安も記しておきます。(選ぶものにもよるのであくまで目安です。)

 

スポンサーリンク

招待状

ゲストの皆様をご招待するのに必要な招待状。これが1通につき500円前後と、高いこと!!これを手作りして、少しでも費用を節約できたら嬉しいですよね。ちなみに手作りするには二通り方法があります。

手作りキットを使う

便利なもので、招待状手作りキットなるものがあります。手作りキットなので難易度は低く、既製品より安くあげれることが魅力です。種類やデザインも豊富で、

デザインから始め、紙に印刷して作る

デザインを考えるところから始め、紙に印刷して切ったりして作る完全オリジナル招待状。難易度が高めな分、節約効果もかなりです!それから自由度も高いので、人とは違うオリジナリティを出したい花嫁様方にはオススメです。

作り方まとめてます!この方法であれば手間はかかりますが50通1000円ちょい+印刷するインク代くらいで済むので手作りが苦でない方にはオススメです。

結婚式招待状はパソコンで手作りして節約!作り方まとめたよ

節約効果

  • 既製品・・・50通×500円=25000円
  • キット・・・50通×120円=6000円
  • 手作り・・・50通=約1000円+印刷代

 

席次表

ゲストの方々の席順等が印刷されている席次表。こちらも式場に頼むとなかなか高額になりがちですが、手作りして節約できるアイテムの1つです。こちらも手作りするのには二通り方法があります。

手作りキットを使う

こちらも手作りキットを使うことで簡単に手作りでき、式場に頼むよりも安くできてしまいます。

一からデザインし紙に印刷して作る

こちらも招待状と同じく、一からデザインして紙に印刷して作る方法です。テンプレートを無料公開しているサイトも多いので、そういうのを利用すればデザインは省いて印刷して形成するだけで作る事ができますね。

タイプとしては定番の二つ折りの席次表、それから今はやりのくるくる席次表(一枚の紙をくるくると巻いてリボン等でとめるだけ)があります。くるくる席次表は二つ折りより簡単で外紙がいらない分節約効果も高いですよ!

節約効果

  • 既製品・・・50部×500円=25000円
  • キット・・・50部×120円=6000円
  • 手作り・・・50部=500円+印刷代

 

席札

ゲストの方一人一人のお名前が記された席札。これも式場に頼むと1つ100円とか・・・普通に考えて高いですよね。これも印刷で簡単に作れてしまうので、不器用な方でも手の出しやすいDIYとしてオススメです。今や席札は紙だけにはとらわれないので、インターネットの例を参考に作るのも良いですね。

節約効果

  • 既製品・・・50名分×100円=5000円
  • キット・・・50名分×50円=2500円
  • 手作り・・・50名分=紙で頑張れば100円+印刷代でもできる

 

プチギフト

プチギフトも、1つ400円前後して、なかなかの負担!手作りしちゃいましょう。

何も中身から作らなくたって良いんですよ。大袋のキャンディなどを買ってきて、それを小分けにしてオシャレなパッケージに詰め替えるだけでとても簡単にできてしまいますし、節約効果もなかなかです。余裕のある方は手作りのタグなんか付けれれば、オリジナリティが出せてオシャレですよ!

節約効果

  • 既製品・・・50人分×400円=20000円
  • 手作り・・・50人分=5000円

 

シャワーアイテム

憧れの生花フラワーシャワー!も良いですが、けっこう高かったりしますよね。そこでシャワーアイテムも、手作りしてみませんか?

クラフトパンチシャワー

クラフトパンチで紙を抜いたクラフトパンチシャワー。作り方は画用紙やお気に入りの柄の紙をひたすらパチパチと抜いていくだけ。作業は少し大変ですが、かかる費用は紙代とクラフトパンチ代くらいなので節約効果はバッチリ。理想のものがあれば百均でも揃えられちゃいますよ。

リボンシャワー

好きなデザインのリボンをキュッと結んだリボンシャワーもとっても可愛いです

折り鶴シャワー

和装をする方は、折り紙で折り鶴をたくさん折り、折り鶴シャワーなんかも手間をかけないと絶対にできない演出なので、ゲストの皆が驚く事間違いなしですよ!

節約効果

  • 既製品・・・10000円
  • 手作り・・・600円~

 

花嫁のブーケ

花嫁のブーケ。衣装と共に造花の花束をレンタルしてくれる所も多いですが、中にはそうもいかない所もあるでしょう。

式場で頼むブーケはどうしても高くなってしまいがちです。ネットで作り方を見ながら作れば、頼むよりも安く仕上げることができますよ。

また、生花にこだわりのない方は造花のブーケだとさらに安く仕上げることができます。しかも生花とは違い失敗してもやり直すことができるのがとても魅力的ですね。持っていてしおれてくるなんて心配もないので安心です。

節約効果

  • 既製品・・・20000円
  • 手作り・・・1500円~

 

トスブーケ

結婚式の素敵な演出の1つ、ブーケトス。これも手作りできれば節約できて嬉しいですよね。これも、手作りできてしまいますよ!

しかし生花のトスブーケは、投げた際にばらけたりしないようにしっかり作られています。大事なシーンで大失敗しないようしっかり作り方を調べながら作りましょう。

不安な方、それから生花にこだわりがないという方はお花の代わりにお菓子を束ねたキャンディブーケもオススメですよ!トスしたいけど独身の友達が僅かで・・・という方にも、独身、性別に限らず参加しやすいのでオススメです。

節約効果

  • 既製品・・・10000円
  • 手作り・・・600円~

 

プロフィールムービー

定番のプロフィールムービー。これも式場に頼むと数万とかなりかかりますよね。これが自作できればかなりの節約ができます。

パソコンが得意な方であれば、無料の動画編集ソフトを使って作れば0円!機能は限られますが、アイデア次第でいろいろできますね。私たちはウィンドウズのムービーメーカーを使って作りました。(但しサポートが切れているので使う際は自己責任です。)

パソコンがあまり得意でない方も、結婚式用に特化した有料の動画編集ソフトを使えばとっても簡単におしゃれなムービーが作れちゃいます。少しお金はかかりますが、式場に頼むことを考えればかなり安いですし、エンドロールムービーも流す予定という方ならば尚更ソフトはお得ですね。

 

こういった動画編集ソフトのダウンロードもお手軽で良いですね。一度無料で使用感を試せるのも魅力です。

節約効果

  • 既製品・・・プロフィール30000円+エンドロール30000円=60000円
  • 手作り・・・プロフィール+エンドロール=無料~

 

ウェルカムボード

ウェルカムボードも式場にお願いしたら高いですが、自分たちで作りやすいアイテムなので手作りがあまり得意でない方にもオススメです!アイデア次第で簡単なのにとっても素敵なウェルカムボードを作ることもできるので、是非ネットでいろいろデザインを見ながら作ってみては如何でしょう。

100均で可愛い材料が沢山売っていますので、100均をフル活用することでかなりお安く作れちゃいますよ!

節約効果

  • 既製品・・・20000円
  • 手作り・・・300円~

 

芳名帳or芳名カード

ゲストの方々の受付をする際に必要な芳名帳or芳名カード。これも式場が準備してくれるがまま利用すると、意外と高いです。私たちが挙げた式場では芳名カード形式をとっていたのですが、両家分で6000円・・・!これも自分たちで手作りして準備しちゃいましょう。

芳名帳であればテンプレートを印刷したり、ノートをデコレーションしたりして手作りできますし、芳名カード式であればカードはテンプレートなどを印刷、挟むバインダーは百均などで可愛いのを手に入れることができるのでそれをデコレーションするだけで簡単にできちゃいますよ!

節約効果

  • 既製品・・・3000円×両家分=6000円
  • 手作り・・・両家分=300円+印刷代

 

まとめ

如何でしたでしょうか。

ご紹介したもの全て、式場に頼むと合計金額は201,000円。

そしてご紹介したもの全て手作りすると、最安で9,900円・・・!

約19万円の節約になります。単品でみると「これくらいいっか~」となりがちですが、まとめてみると手作りの節約効果の凄さが分かりますね。これだけでドレス借りれちゃいます。

しかしこれを全てやるのはなかなか大変かと思いますので、自分ができそうなものを選んで挑戦してみては如何でしょうか。節約できるのは何よりですが、手作りすることで全て外部に頼んだものよりずっとあたたかみがあり、思い出に残る結婚式を挙げることができるでしょう。

 

ショコハジロでした。

スポンサーリンク

投稿日:2020年3月1日 更新日:

執筆者: