都合の良い生き方をしたいコミュ障による雑記ブログです。

新型コロナウイルス、岩手県住み子供持ち妊婦として思うこと

ショコハジロです。

毎日ニュースで取り上げられている新型コロナウイルス。

私は基本的にテレビをずっと見てるのが苦手で、なんか重要なニュースが流れていても飽きたーーってなりがちなのですが、

コロナのニュースはぜんぜん飽きねえええええ!!

もちろん悪い意味で!怖すぎて毎日毎日食い入るように見てるよ!

楽天カードマンじゃないけど、「あっ増えた」「また増えた」って!!!

 

スポンサーリンク

コロナウイルス、岩手に来ていない訳がない

岩手県では2020年2月29日現在、コロナウイルス感染者は確認されていない。

上は北海道、下は宮城県。本日仙台で1人コロナウイルス感染者が確認されましたが、東北では初だしその下は栃木県ですし岩手はまだまだコロナウイルスから遠い県。しばらくは安心かな、こっちまで来る前に終息してくれればいいな~

なんて呑気なこと思ってねええええ!!!!!!

毎日ニュース見てたらそんなこと思えなくなっちゃったよね!?日本の対応杜撰すぎないか?大丈夫か!?

限られたほんの一部の範囲の人しか検査されてなくてこれだけの範囲のこれだけの感染者。絶対氷山の一角じゃん?本当は出ている患者の何倍何十倍、場合によっちゃ何百倍もの感染者がいるって考えると、岩手に来てない訳がないよね!?

コロナウイルスは赤ちゃんには感染しない?

まだ事例がないだけであって、赤ちゃんに感染しない事が確定している訳じゃない!

実際小学生も感染しているのだし、赤ちゃんだって感染する可能性がない訳じゃない。

もし今1歳2ヶ月の息子がかかってしまったら?今大人に試しに使い始めている薬を、赤ちゃんだから試しに使ってみることすらできない。祈りながら見守って看病するしかない。考えただけで辛すぎる。

こんな事態にならない為にも、1日も早くインフルエンザのように民間で手早く簡単に検査ができるようになる事を願っている。そうする事で現在感染者ゼロという事になっている岩手県でもどれだけ感染者がでているか、はたまた本当に居ないのかが明確になり、外出時などどのくらい気を付けたら良いか目安になる。目安ができるということは、生活だってしやすいのだ。

妊婦も使える薬がない・胎児への影響は

まだ赤ちゃんの息子もだが、現在妊娠初期である私も使える薬がない。何が怖いかって、お腹の赤ちゃんへの影響が怖い。

妊婦がコロナウイルスにかかった場合、果たして胎児への影響はあるのか。

中国で妊娠後期にコロナウイルスにかかった妊婦さんが複数人無事出産、さらに赤ちゃんも無事だとのニュースを見ましたが、事例がまだ少ないですし、かかったのが初期だった場合ではまた変わってくると思う。

なので妊婦である私は細心の注意を払いながら生活しなければならないのだが、岩手県はゼロだから大丈夫!なんて氷山の一角しか表記されていないコロナ分布地図を見ても思わない!目安にならない。つまり目安がない。これってめちゃくちゃ怖いことですよね。

 

2月27日の安倍首相の判断は正しい

と私は思う。

全国の小中校を3月2日から春休み明けまで臨時休校にする、という判断ですね。

岩手全然広まってないのに?って思う方もいるかもですが、広まってからでは遅いので良い判断だと思います。

自宅で見れないお子さんは学校で面倒をみることを検討している所もあるみたいですが、少数であればリスクも低いので良いんじゃないかと思います。

いきなりすぎる!なんて意見も聞きますが、そもそもコロナがいきなりすぎるんだよ!おま!日本に来るなら「今から向かうから」って連絡しとけよな!!広まる時も「今から派手にやるぜ」って連絡くらい入れろ!!!!

冗談はさておき、いきなりはいきなりですがいきなりだからとズルズル先送りにされて感染者が増えてから・・・ってなるよりはずっとマシだったと思います。学問もスポーツも何事も、全て命と健康があって成り立つことですからね。

 

子供持ち妊婦はピリピリしております

そんな感じで子供を持つ親や妊婦さん、それからリスクの高いご高齢の方やその家族の方は特に心配で、未だ実態の掴めないコロナウイルスにピリピリしているかと思います。

私の祖母は心疾患がありもう80歳なので、コロナウイルスにかかってしまった際の致死率は非常に高い。本当に広がらないうちになんとかしていただきたい次第だ。

コロナウイルスから遠く、感染者も確認されていない岩手県住民の私ですらこんなにピリピリしているのだから、感染者が出ている県の方はもっともっと不安が大きいだろう。

皆が1日でも早く安心して生活ができる日が来るよう切実に願っています!

コロナさん、早めの退散お願いしますね!!マジで

 

ショコハジロでした。

スポンサーリンク

投稿日:

執筆者: