都合の良い生き方をしたいコミュ障による雑記ブログです。

旦那の稼ぎが少ない・出世しない、が子供にとって最高の環境な理由

ショコハジロです。

よく巷で「うちの旦那稼ぎが少なくて」「うちの旦那、全然出世する気配がないの」などと頭を悩ませる奥さまの話を聞きますよね。

私の旦那も40代にして稼ぎは多くありません。そしてコミュ障なので「絶対に出世したくない、後輩に指導なんかできない」というタイプなので若い頃から出世しそうになったら転職をしてしまう、絶対に出世することはないタイプです。

でもこれって、奥さまは少し悩ましいかもしれませんが子供にとっては最高の環境なんですよ。これからその理由を述べていきますね。

 

スポンサーリンク

裕福な家庭の子供は甘ったれの我儘になりやすい

ソースは私、そして私の兄弟です。

私の父は私の旦那とは真逆で、どちらかというと稼ぎが良く、出世もしています。

この子供たち(私たち)がまたクソなこと!!!!

私はというと結婚したにもかかわらず何かあれば親に買ってもらおうとするクズ。特に外食で食べたいものがあれば親に頼んでしまいます。

弟はというと大学の学費を全部払って貰ってアパート・生活費まで出してもらってさらに何かあれば突然お金を要求してきて(普通に旅行いくから5万円ちょうだいとか突然言い出す)お金の大切さをまるで分かっていません。

その下の弟は買い物の仕方がアホです。値段ではなく欲しいもので買ってくるので一回の買い物の値段が主婦には考えられない額です。

妹は・・・現在高校生ですが、おそらく一番まともです。上3人があまりのクズで母がよくお金がいくらあっても足りないと言っているからか、コロナ騒動のずっと前から使い捨てマスクを洗って使うような倹約家です。

そんな感じに、お金があるとどうしても親は子供を甘やかしてしまい子供はどんどんクズになります。

 

恵まれた環境の子は自殺願望を持ちやすい

父が稼いでくるので家の中は専業主婦の母がやってくれる。ごはんも勝手に出てきてくれるし洗濯もしてくれる、欲しいものがあれば買ってもらえるし・・・そんな恵まれた環境なのでまるで自立心が育たないんですよ。

兄弟4人中3人は自殺願望を持っていた時期があります。残りの一人は二番目の弟なのですが、知らないだけでもしかすると持っていたかもしれません。

私も生きるのに気力を感じず死にたいと思っていた時期がありました。もう何をするのもめんどうくさくて甘ったれてしまい、自分の存在する意味を感じることができなくなってしまったのです。

人間ある程度のストレスや欲は必要です。ちなみに私は子供が産まれて大変になってから、死にたいと思うことは無くなりました。どれだけ楽できる方法を探せるか欲がすごいです。

 

出世した父には悪い女が寄ってきて家庭環境は最悪

出世して稼ぎもある父には当然悪い女が寄ってきます。それにより家庭環境は一時期最悪でした。

父と母がその事で喧嘩するので、私は年頃になった時「こんな家早く出てってやる」と常に思っていました。なぜか一番目の弟だけは我関せずで平気そうですが、二番目の弟や妹の精神状態もあまり良くありませんでした。数回、二番目の弟が父と母の喧嘩に激怒して家に穴をあけまくったことがありまして、実家の壁には複数の拳の穴が空いています。

父に寄ってきた悪い女がこれまた匂わせ女で、余計母の精神状態も良くなく、本当に一時期酷いものでした。ちなみにこの女、最終的に父に訳の分からないいちゃもんをつけて裁判おこすだの言ってきて、お金目的でした。(父はケチなので見切りをつけられたと思われる笑)

もちろん誠実な男性はこのような女に引っかかることはないと思いますが、出世すると悪い女が近寄ってくる機会は多いです。ハニートラップでなくともどういった手口でお金を吸い取ろうとしてくるかは分からないので注意が必要です。

 

出世すると周りの恨みを買いやすい

出世した父を面白くないと思う方も中にはいて、一度車にいたずら(タイヤのネジを緩められていて走行中に取れかけて大変なことになったそう)をされて事故の場所が悪ければ死んでいたかもしれないという事件がありました。

大体の目安はつくそうですが、誰がやったのか確定はできません。

父を失うのは子供にとってはかなり大きなダメージです。出世しないというのは変な話、こういったリスクを減らすことにも繋がりますね。

 

何より旦那(子供にとって父)が家にいるのは幸せ

家族を犠牲にしてまで働きたくない。働くのは家庭のため。家族を守るため。

私の旦那はそういった考えなので、家庭を中心に仕事は二の次、というスタンスで働いてくれています。今は休みも多く残業もない、出世するような会社ではない所に就職し、子供と一緒にいる時間が多く息子もパパが大好きです。

一方私の小さい頃、父は仕事ばかりで家にいる時は少なかったです。その為、今でも父とのコミュニケーションがあまり得意ではありません。(こちら参照)

息子には私みたくなってほしくありません。出世のためや出世して仕事ばかり、だとこういったことになりかねません。

 

生活できる程度、それが最高の環境

こういった家庭環境で育ってきた為、旦那は生活できる程度稼いでくれて出世もせず家にいてくれる。それが子供にとっては最高の環境なのではないかと思います。

もちろん、この意見が全てではありませんよ。人にもよるでしょうし、出世して沢山稼ぐけれども子供をムダに甘やかすことはなく立派に育て上げる方も中にはいるでしょう。それはそれでその人のベストです。ただ、これには奥様の育児への努力はかなり必要です。

私が言いたいのは、稼ぎが少なくても旦那を攻める必要もなければ悲観的になることもないし、子供に申し訳ないと思う必要もないよ!という事です。稼ぎが少ないというのは必ずしもデメリットばかりではないという事です。

何事もメリットデメリットいろんな面があるものです。都合良く解釈して生きたいですね!

ショコハジロでした。

スポンサーリンク

投稿日:

執筆者: