都合の良い生き方をしたいコミュ障による雑記ブログです。

一人目妊娠と二人目妊娠のマタニティライフが違いすぎる!どんな差がある?

ショコハジロです。

現在二人目妊娠中で今日で30週に入りました。

二人目を妊娠してから、一人目妊娠時とのマタニティライフが全然違うなぁとひしひし感じております。

最も、一人目の時は巨大絨毛膜下血腫やら切迫早産やらとトラブルがたくさんあったというのももちろんありますが、それを抜きにしてもいろいろと自分の意識・環境ともに違いがありすぎるなと思ってしまいます。

私が感じている一人目妊娠と二人目妊娠のマタニティライフの違いをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

二人目妊娠は症状や出産の悩みが少ない

一人目の妊娠の時に妊娠中はどんなトラブルがあるのか、どんな不快症状が出やすいのか大体調べたり体験したりして理解しているので、一人目妊娠時と比べて悩みが少ないです。また、一人目も二人目も同じ症状が出た際は対処法が分かっていたりするので二人目は割かし楽に過ごせることも多いです。

つわり一つでも、私の場合は一人目のつわりよりも二人目のつわりのほうが数倍は酷かったですが、一人目の時につわりとはいつくらいから出始めるのか?どんな症状があるのか等理解していた為、辛いは辛いですがなにこれ、と戸惑うことは少なかったかと思います。

妊娠線などもいつから予防すればいいのか、対策には何を使えば良いのか分かっているので考えることも少なくて楽です。

陣痛の感じや出産の流れなども一人目で経験している為、出産自体に対しての過度な不安はないです。(現在でいうコロナに対する不安とそれに伴う立ち会い出産不可の不安はアリアリですが)

 

欲しいものが揃っているのでかかるお金も少ない

赤ちゃんを出産するとなれば、産まれる前にいろいろと揃えておかなければなりませんよね。

哺乳瓶にベビーベット、お洋服、おもちゃ等々・・・ベビー用品はなかなかの出費です。

しかし二人目は大体一人目の時に一通り揃えているのであれやこれやとお金がかかることもないですし、妊娠中に揃えなきゃと焦る必要もありません。最低限消耗品を揃えておけば良いのでお金・精神的共に余裕が出てきます。

但し、揃える楽しみがないというのはちょっとあるかもしれませんね。産まれる予定の子が上の子と同じ性別の場合特にです(笑)

 

今何週目か把握していない事が多々

二人目妊娠では何故かこんな弊害も出てきます。

一人目でいろいろとなれているあまり、自身の妊娠に一人目の時よりも敏感でなくなり、あれ~今何週目だっけ?なんてことが多々あります。酷いと今何ヵ月目だっけ?なんてこともあります・・・おもに人に今何ヵ月なの?と聞かれた際や病院の書類記入などの時に困ります。

 

一人目より食事の管理がゆるくなる

一人目の時はマグロのお刺身など、あまり多く食べてはいけないと言われるものを

「ここしばらく食べてないから今日くらい大丈夫だよね」

「もっと食べたいけど量はこのくらいにしておくか」

などとちょっと気を付けながら摂取していましたが、二人目ともなると

「海鮮丼だ!わーーーーい!!!(尚昨日もマグロの刺身を食べた)」

といった具合に管理がゆるくなりがりです。

いや、本当は良くないんでしょうけどね・・・でも実際の所そんな感じです。

 

上の子がいると生活がつらい

一人目妊娠時はひとまず自分のことだけを考えていれば良かったのですが、二人目妊娠となると上の子がいるのでそうもいきません。

階段の上り下り、チャイルドシートへの乗降、なんならだっこすらしんどいです。

ただでさえ妊娠で体が思うように動かずしんどいのに、上の子のお世話も・・・ってなると正直生活がつらいと感じることもあります。あまりにしんどすぎるので私は全力で旦那や実家を頼っています。

 

全然違うマタニティライフ、でも産まれてくる楽しみは同じ!

そんな感じで、良い意味でも大変な意味でも第一子妊娠と全然違うマタニティライフの第2子妊娠ですが、産まれてくる楽しみは同じです!一体どんな子が産まれてくるのか、パパとママどっち似の子だろうか?お兄ちゃんには似るのかな?どんな名前をつけてあげようか!などなど、産まれてくるのがとっても楽しみです。

上の子がいるのでどうしても大変なことも多いですが、妊娠だけに関して言えば第二子妊娠のほうが第一子妊娠時より楽な事が多いです。

出産予定日まであと二ヵ月、この二ヵ月でも一人目妊娠との差を感じる事も多いんだろうな。

そして出産自体も、出産してからのお世話も一人目の時とはまた違う感じになるんだろうなぁ。

できれば一人目の出産の時よりも痛くないと良いしお世話も楽だと良いなぁーとクソワガママなことを考えるショコハジロでした。

 

スポンサーリンク

投稿日:

執筆者: