都合の良い生き方をしたいコミュ障による雑記ブログです。

ベビーフードばかりに罪悪感?実はメリットがデメリットを上回る最強アイテムなんだぞ!

ショコハジロです。

現在1歳1ヶ月の息子を育児中の私ですが、絶望的なほど料理ができません。しかしそんな私も、子供が産まれると避けて通れない事がありまして。

離乳食!!!

離乳食、離乳食、離乳食…息子が産まれる前から不安だった離乳食。妊娠中に市の開催するパパママセミナーに行って、離乳食の説明を受けるも、説明を頭で処理するだけでゲッソリ。皆こんなん、毎食手作りしてんの!?神じゃない!?

5ヶ月頃に離乳食が始まり、ひとまず一生懸命作ってみるも、食べてくれないとガッカリ。複数種類食べさせるようになってくると一回一回作るのが大変で、たくさん作って冷凍しておくも、作るのが大変なことにはかわりないし、食べさせるのも一苦労…

そんなある日、母があるものを買ってきました。そう

ベビーフード!!!

存在は知ってましたが、レトルトみたいなイメージでちょっと抵抗があったベビーフード。しかし、多少なら別にいいかとやってみると、楽だし食べてくれること!!しかもあんなに苦労してちょぴっとしか採取できなかった息子の大好きなコーンが、こんなにたくさん入って100円くらいで売っている…!

そんな感じで離乳食初期からベビーフードを使いだし、今なおベビーフードを愛用している私ですが、初期には抵抗すら感じていましたが今ではメリットのほうが断然多い!!と思ってバンバン使っているので、メリットと多少のデメリットを書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

ベビーフードのメリット

栄養バランスが良い

なんと言っても!プロが監修しているものですからね、料理大嫌い素人が作るものより格段に栄養バランスがとても良いのです。一種類に豊富な種類の食材が使われてたりしますしね。

調理の面倒な食材やあまり買わない食材もたくさんあげれる

調理するのが面倒な食材ってありますよね。うちだとお肉や魚系があまり手作りではあげられていません。お肉とか特に硬さとかむずかしいし。でもベビーフードならお肉や魚系を選んであげれるので、ベビーフードをあげることで逆に安心です。これで栄養バランスをとっていると言っても過言ではないので。

衛生的

夏なんかは特に雑菌等気になりますけど、ベビーフードはあけてすぐ食べさせることができるのでとっても衛生的です。

作る際のお手本になる

ベビーフードは手作りする際のお手本にもなります。月齢に合わせた食材の大きさ、やわらかさ、とろみ具合など、初めての赤ちゃんだと全然分からず悩んだりしますけど、ベビーフードをあけて赤ちゃんに食べさせたり、自分で食べてみたりする事でとても勉強になる事が多いです。ネットで調べた写真や聞いた話じゃあ絶対にわからない感覚ですからね。

離乳食を作らなきゃいけないストレスから解放される

私としては何と言ってもこれ!料理が得意でないので、離乳食作りもとってもストレス。ベビーフードは開けて温めてあげるだけ!もはや温めないときもある。離乳食を作らなくて良いと思うだけで育児がグンと楽です。

手間をかけない=愛情をかけてない、ではないのですよ。離乳食作りで疲れてイライラしているお母さんと、離乳食作りのストレスがないお陰でニコニコ接してくれるお母さん、あなたならどちらのお母さんに育てられたいですか?

離乳食作りの時間を他にまわせる

離乳食を作るストレスから解放される上に、離乳食作りの時間を他にまわせる。こんな効率良いことあります??他の家事をするも良し、子供と遊んであげるも良し、自分の時間に使うも良し。他の家事をその時間でこなすことで後にゆっくりできる時間が増え、子供と遊んであげるならば子供の精神が安定し、自分の時間に当てるならさらに母はリフレッシュできる・・・大事な事なのでもう一度言いますよ、こんな効率良い事あります!?!?

お出かけ時も大活躍

もちろんベビーフードはお出かけ時も大活躍!ビンのものも良いですけど、そのまま捨てれるプラスチックのお弁当式のものが私はお気に入りですね。ゴミ持ち運ばなくて良いし!温めなくてもOKなのはほんとデカい。

 

ベビーフードのデメリット

まぁ、正直1つ100円は家計に負担かな・・・手作りすればもっと安く済むしな・・・というのが強いて言うデメリットでしょうか。でも、逆にですよ。私としてはこんなにメリットがあるならばこれは逆にコスパ良いですよ。100円でしっかり栄養取れて母親のストレスも減るなんて最強じゃないですか。子供の栄養バランスとストレス減への投資!と思えばここはかける所かと思い我が家ではバンバン使ってます。

 

ベビーフードに罪悪感を感じる必要はなし!どんどん使おう

こんな感じにメリットが沢山のベビーフード。ちなみに外国では離乳食を作るのは一般的ではなく、全てスーパーで買うのが普通なのだそう。

我が家では1日3食中1~2食はベビーフードです。昔のように母親の楽=愛情がない、という時代ではもうないのですよ。母親の楽=逆に子供への愛情、というのが私の唱える説です。料理が好きな方はそりゃあバンバン作ってあげる事が本人のストレス解消にもなるので良いでしょう。でも疲れてる方や料理の得意でない方が無理して作る必要はないと思うので、適度に世の企業様を頼って気を楽にしながら育児をするのが子供がイキイキと育つことにつながるんじゃないかとおもいます。よってベビーフードに罪悪感を感じる必要はなし!以上!

ショコハジロでした。

スポンサーリンク

投稿日:

執筆者: