都合の良い生き方をしたいコミュ障による雑記ブログです。

高校の時の彼氏の親が毒親で恋人の私は犯罪的な嫌がらせをされまくった話

ショコハジロです!

この前ね、自分の自己紹介を書き直して経歴を整理してたんだけどね、高校のところの欄で自分の高校時代を振り返ってみたんだけど、そういえば強烈でやばい思い出があったなと思ったので晒したいとおもいます。

内容はざっくりと言うと、高校の時付き合っていた彼氏の親が毒親で頭おかしく、犯罪的な嫌がらせをされまくったという話です。その彼氏の姉も頭おかしかったし最終的にその彼氏も頭おかしかった。そして私ももとから良くない頭をおかしくされてしまった。恋は盲目。当時を振り返るだけで鳥肌が立つ。

 

スポンサーリンク

中学~高校に上がるあたりで付き合った彼氏

その彼とは、中学の中学校から高校に上がるあたりで付き合った。当時のショコハジロからすると人生で2人目の彼氏。イケメンとは程遠く、どちらかというと面白くノリの良いタイプ。

 

「ショコハジロが家に来て迷惑ばっかりかけてるんだけど」と自宅に電話

こっから彼の親と姉の頭おかしいエピソードです。

彼が家に来てっていうから、彼の家にお邪魔した時。「お邪魔します」って挨拶しようとしたら「言わなくていいから」と。でも言わないのもなんか申し訳ないから小声であいさつしたさ。多分聞こえてないけど。

で、それから彼の部屋に行ってずっとそっから出てない。断じてうるさくなんかしてない。なのに帰ったら母から、

「彼くんのお母さんから電話があったんだけど。あんた何してんの!?」

って突然怒られた。なんのことかさっぱりな私は「何が?」って普通に返したら、なんでも「ショコハジロが家にきて迷惑ばっかりかけてるんだけど、どういう教育してんの!?ショコハジロのせいでこっちは何もできないじゃない!」的な電話が嵐の如くかかってきたらしい。はて?

たしかに挨拶を小声でしかしなかったのは悪いさ。でも部屋から出てないしうるさくもしてないのに何もできないってなんだ?挨拶をしなかったのが気にかかりすぎて何もできなかったって事だろうか??

とりあえず私を怒ってみたものの、母もやはりその電話に違和感を感じたらしく、ちょっとあのお母さんおかしいな、と。そもそも人んちの子を呼び捨てにするか??と。

これが地獄のはじまりだった。

 

高校に名指しで苦情電話

私と彼は同じ高校。高校に名指しで苦情電話がかかってきた事があった。

「彼くんとショコハジロが町中でイチャイチャしてるんですけどお宅の高校はどういう教育してるんですか?」

的な電話がかかってきたそう。

もちろん電話の本人は彼の親だが、市民を装ってかけてきたようで、「一般の人から電話までくるような行動して、お前ら何やってんだ!!」ってめちゃくちゃ怒られた。個室にまで呼ばれて怒られた。ちなみにカップルだって分かるような事は手つなぐくらいしかしてない。

指定ジャージで歩いていたので学校は分かるにしたって、ジャージに書いてある名前は小さいし、そもそも私の本名は当て字なので普通に読まれる事などまずない。いろいろとおかしい。確実に私たちを知ってる人の嫌がらせなのだ。そう訴えても先生は信じてくれなかった。

そういう一般市民を装った電話は1回ではなく数回かかってきた。その中でも一番大規模になってしまったのが、学校行事の時。

親や周りの市民も来れる地域あげてのイベントが学校主催であったのだが、その時も例の電話が学校にかかってきたらしい。で、学校主催のイベントだったが故先生たちがあまりに怒り、私と彼のためだけに全校集会を開いてしまった。名前こそ出さなかったものの、「そういう生徒がいます」と。で、終わってから先生に「お前らのためだけに全校集会まで開くことになったんだぞ!!ここまでやってんだから自覚持て!!」的な感じにめちゃくちゃ怒られた。こっちの言い分は何一つきかずに、あまりに理不尽だ。

 

私のケータイに匿名で電話

ある日、ケータイに匿名で電話があった。非通知からかかってきて、とりあえず出てみると、「ショコハジロさんですか?」と。

なんだか怖い感じがしたので、テキトーに偽名を名乗り電話を切りました。すると直後、また電話がかかってきて、「ちがいますよね、ショコハジロさんですよね?」と怒った口調。

キチガイだ・・・と思いブツっと電話を切る。そっからはかかってこなかった。

家に帰ると、母に「今日変なことなかった?」と言われた。「あった」と言って出来事を話すと、「うちも変な電話があってね、匿名で電話かかってきて、ショコハジロちゃんの悪口を言われたんだけど」と。

知らない声だった、というのでおそらく家に電話をかけたのは彼の姉。そして私も知らない声だったので、おそらく彼の親。いろいろエピソードあるけどね、私彼の親の声を聞いたこともなければ姿を見たこともないんだ。

っていうかどこで私のケータイの電話番号手に入れたの!?彼のケータイ盗み見たとしか思えないよね。

 

自宅にワンギリ非通知(大量)

昼夜問わず、彼と付き合い始めた頃から自宅の電話にワンギリの非通知電話がかかってくるようになった。かなり頻繁。

夜中の2時とか3時とかにかかってくることもしょっちゅうで、おそらく親は気が気でなかったと思う。ワンギリ以外にも出ると無言、っていうのもたまにあったな。

これは彼との関係が終わるまでずっと続いた。なんなら終わってからもすこしあった。

 

靴を隠された事件

マンガとかのいじめシーンでよくあるけど、まじであるんだなーー。靴が無くなってるって事。

その日は彼が鼻水がすごく、学校までティッシュを親に持ってきてもらったと言っていた日だった。

下校時間。帰ろうと思ったら靴がない。は。靴がない。

先生に靴がないんですけど、って相談すると、何故か私が怒られた。厄介ごとばかり持ってきやがって、的な感じに。しまいには「そういう行動ばっかりしてるからこういう事もされるんだぞ!」と。意味が分からん。

しかしとにかく、靴がないと困る。他の靴箱を探したがない。外に捨てられたことを想定して外に探しに出ようとする。するとそこで何故か都合よく彼の姉とその仲間たちが通りがかり、説明すると一緒に探してくれることに。

すると、姉の仲間の1人が外で靴を片方見つけてくれる。

その後も探したが、結局見つからず上履きで帰ることに。その後も見つかることはなかったので、多分片方は敷地外に出されたかな・・・。

この犯人は発覚こそしなかったけどまぁ流れからして彼の親か姉だろう。

 

監視する彼の姉

ある日、雨降ってたかなんかで母に学校まで送ってきてもらった時、母が恐ろしい事に気づいてしまう。

「学校の3階、顔半分だけ出して誰かこっち覗いてない?ほらあそこあそこ」

彼の姉だった。

ゾッとしたね。で、こっち見られてることに気づいたらスッと下に消えていった。3階部分は3年生の教室がある所。まさに彼の姉の教室がある所。

その日から確認する度、彼の姉は必ず毎日覗いていた。私が学校にきてるかどうか監視するためだ。おそらく私を不登校にさせたかったのだろう。

 

自転車パンク事件

ある時期から、自転車が妙にパンクばかりするようになった。1週間~2週間に1回とかのレベルでそれが何回も。年数も経ってるしな~ってあまり深く考えず、その度に父に修理をお願いしていたが、父が「パンクの仕方がおかしい」と言い出した。釘などを車輪で踏んだ時とは穴の開き方が違く、明らかに人が刺したような綺麗な穴の開き方ばかりだったそう。しまいに、新品の画びょうが普通に刺さっていることもあった。もう明らかに人力だ。

それから、あまり倒したりもしていないのに自転車のカゴがボロボロになっていることに母が気づいた。人力がかからないとここまではならない、と。鈍感な故全く気付かなかったが、言われて意識してみるとなんでこんな歪んでるうえに破れてるんだ?みたいな状態だった。

多分これは頻度からして、彼の姉が犯人ではないかと推測。

 

学校近くの高速下のトンネルに私の悪口がびっしり

学校の近くには高速道路が走っていた。で、その高速下を通って通学してくる人がたくさんいる。

そこのトンネルに、黒いスプレーでぎっしりと私の悪口が書かれていた事があった。

しかし私は鈍感が故、その道を通るにもかかわらず、私の悪口が書かれているどころか落書きされてる事にすら気づかなかった。

その落書きは深夜にされていたのか、朝通った生徒だかが学校に通報したらしい。それで発覚し、私はまた何故か先生に別室に呼ばれ、理不尽に怒られることに。「こういう事される心あたりあるか?」と。「分かりません」と答えると、「バカか!!」とののしられた。まじで意味がわからん。

とにかくこれは流石に地域の目もあるので警察に被害届を出すことになった。しかし警察は「見回りしますね」だけ。計3回高速下に悪口を書かれることがあったのだが、「筆跡一緒なので同一人物ですね」とだけ。証拠も見つからないのでどうしようもないんだと。正直この時ほど警察が役に立たないと思った時はない。

この計3回の高速下の落書きは、必ず「彼とどこかに出かけて、同じ施設内に彼の親がいた時」に起こっていた。2回そんな事があり、3回目の時、出かけ先で彼が「今親いてこっち見てた」と言ったので、明日落書きあるんじゃない!?って怯えてたのですがまさにその通り、翌日落書きされてたよね。

 

流石に限界だったので

流石にここまでされて限界だったので、彼に「あなたの親流石に酷いんだけど、なんとかならない!?」と訴えた。しかし彼からの返事はいつもごまかされていた。

で、何度も何度も言っていると、ついに彼が口を開いた。

「俺の親はそんなことはしない!お前が変な行動ばっかりしてるから悪いんだろ!?」

呆れかえって物が言えなかった。最終的に彼は私の見方ではなく親の味方だったようだ。

そうだよな、あの親が息子をとられて怒り狂い私を貶めようとしたくらい息子を愛してるって事は、息子の彼はそれだけあの親に可愛がられて育てられてるって事だもんな。兄弟で男の子彼だけだったみたいだし。そんだけ愛情受けてりゃ、いざという時親の味方をするのも当たり前か。

マジでマザコンクソ男。

そして見る目がなくここまでズルズル付き合ってしまった私もクソ。恋は盲目ですね。

 

その後彼とは

それが原因で彼とは別れました、って締めくくりたいところだけどさ、その後彼にちょっとやさしくされて、納得はいかないけど結局別れなかったんだよね。で、納得はいかないけどムカつくから、チクチクこの前の事で彼をせめていた訳。

そしたらいつのまにか浮気されてたよね。

ええ。そしてここでやっと目が覚めて別れました。やっとかよ。もう私も完全に彼に洗脳されて頭おかしくなってたよね。今思うと浮気してくれて本当に良かったと思う。お陰で目が覚めた。長い一年間だった。

 

その後の私は

高校2年に上がってからは、違う彼と付き合った。こんだけクソ男に振り回されておきながらよく懲りないな、とは思うが、その彼は私の話をちゃんと聞いて、いつでも私の見方になってくれる人だったのだ。幸せだった。ついでに言うなら新しい彼の親も最高だった。家に遊びに来た時は歓迎してくれて、ご飯をごちそうになった事もあった。手料理はすごく美味しかった。

そんな感じで2年生からは先生の信用も少しずつですが取り戻してきた。もちろんもう学校に苦情など来ることはない。いままで周りが敵ばかりに見えていたが、私を信じてくれていた先生が中にはいたことも分かった。残りの高校生活は、とても過ごしやすいものだった。

 

と、いう事なんで息子溺愛毒親には気を付けてね!!

という事なんで男性とお付き合いする際には、息子溺愛の毒親には気を付けてね!自分の息子をとられまいと必死に、犯罪的な手まで使ってその彼女を貶めようとしてくるから!!

ちなみにそのクソ彼の私の前の彼女も、同じような目にあって即行別れたらしい。利口かよ。危険察知能力特化してて羨ましいぜ。そしてその彼は社会に出てからすぐでき婚したらしく、しかしすぐ別れたらしい。なんか別れた原因が想像できてしまうよね。お嫁さんがどんな目にあったんだか・・・あああああ!!!

 

以上、ショコハジロでした。

スポンサーリンク

投稿日:2018年8月6日 更新日:

執筆者: