ハンドメイド

約10cmひょっこり型ぬいぐるみ用顔刺繍テンプレート【無料】

ショコハジロです。

この記事は、以前公開させていただいたぬい型専用のお顔の刺繍テンプレート置き場です。

自分でお顔を1から作るのがむずかしい…という方、是非使っていただけたらと思います。

初心者さん向けの綺麗に仕上げるコツもまとめておきます。

使い方

お顔刺繍用テンプレートの使い方です。

単純にテンプレートを布に写して使うのですが、やり方がいくつかありますのでまとめておきます。

チャコペーパーで写す

刺繍したい布の上にチャコペーパーを置き、A4サイズ等倍で印刷したお顔図案を重ねます。

その上から先の細い物でお顔をなぞり、布に転写します。筆圧が弱いとうつりづらいので、しっかりうつっているか確認しながらうつしましょう。

ぬい用布にソフトボアを使う場合はうまくうつらないので、ソフトボアを使用する場合他の方法がオススメです。

刺繍下地シートで写す

初心者さんには断然こちらの方法がオススメです。

刺繍下地シートに図案をうつしてから、それを布に重ねその上から刺繍をしていく方法です。シールタイプと貼らないタイプがあります。

シールタイプではスマプリが有名ですね。台紙も透けていて図案がうつしやすいことで高評価です。

キルターズシークレットは貼らないタイプの下地シートです。刺繍枠に一緒にはめるか、もしくは図案より一回り大きく切り取り、しつけ縫いして使用します。

貼るタイプか貼らないタイプかはお好みではありますが、ぬいのお顔ほど小さいものは浮いたりしないシールタイプがおすすめです。

どちらも刺繍後、水に入れて台紙を溶かします。そのため、図案をうつす際には水性ペンを使用します。

ショコハジロ

ちなみにこの他にも、ダイソーで売っているものはプリンター可能で優秀です。※後ろの紙が透けないので手写しには不向きでした

公開テンプレート【無料】

A4サイズ等倍で印刷してご使用下さい。

ご使用の際はお好みでデザインの変更や大きさの変更をしていただいて大丈夫です。

口やまゆなどパーツの組み合わせも、各自トレースする際に好きな物と組み合わせていただいてOKです。

女の子系・男の子系テンプレートにある目周りの水色の線は白目ラインの目安です。いらない方は省いていただいて大丈夫です。

ショコハジロ

男の子系・女の子系はあくまでもそれっぽい顔ですので、作りたいキャラクターのデザインに合わせて選んでいただけたらと思います!

女の子系テンプレート

男の子系テンプレート

中性的シンプルめテンプレート

単純系テンプレート

初心者向け綺麗にお顔を作るコツ

前提と致しまして、刺繍のやり方につきましてはいろんな方が動画等にまとめてくださっているので、そちらをご覧頂けたらと思います。

ここでは刺繍の方法は分かっている前提で、初心者さんが綺麗にぬいのお顔を作るためのコツについてまとめています。

刺繍糸はなるべく黒は使わない

「お顔と言ったら黒では…」と思うかもしれませんが、実は初心者さんには黒の刺繍糸はオススメしません。

というのも、最もはっきりした色なので、最もミスが目立ちやすいからです。黒は実は上級者向けです。

初心者さんは是非黒を使うべき所に、濃いめのグレーを選んでみてください。

ちょっと慣れてきた方は、目の輪郭はキャラクターの髪の色を濃くしたもの、口は赤やピンク系、二重まぶたは褐色系ペールオレンジ…など応用してみるのも良いですね。色でごまかすというのもあれですが、多少刺し方がヘタでも色使いでそれなりに見えやすいです。

ショコハジロ

初心者さんでも、器用さに自信のある方はもちろん黒でも!!

糸は1本取り~2本取りで

10cmぬいのお顔は小さいので、刺繍糸は1本取り~2本取りで、なるべく細かく刺していくのがオススメです。

その分時間はかかりますが、綺麗にできやすいですしある程度ミスも目立ちにくいです。

糸は長く取りすぎない

純粋に絡まりやすいので、糸は長くとりすぎないようにしましょう。

最も、10cmぬいのお顔に使う分を考えるとそんなに長くとる必要もありませんが…笑

パターンをうつす際はしっかりと

初心者さんは特に、基礎がしっかりしていないと綺麗な刺繍はできません!

パターンを手描きでうつす際には、細部まで綺麗にうつしておきましょう。

白目も刺繍するデザインの際には、白目をいれる範囲も線で書いておきましょう。

すこしでもずれたと思ったら戻る

針を刺した段階で、あ、ずれたかも、と思ったら迷わず引き返しましょう。

刺しなおしは何回やっても無料です( ˘ω˘ )笑

あとがき

ぬい作りに対するハードルが少しでも下がればと思い、お顔のテンプレートも作らせていただきました。

綺麗につくるコツも一応まとめはしましたが、自分には厳しい…という場合まずは無視して進めてもらっても大丈夫です!途中で心が折れるよりかは、完成させる事のほうが重要なので…(‘v’)

ショコハジロでした。