都合の良い生き方をしたいコミュ障による雑記ブログです。

37週入った途端陣痛&破水!初産なのにスピード出産レポート!

ショコハジロです。

突然ですが、正産期入った途端破水して出産してました!!!!

37週入ったらすぐ産みたい!って意気込んでた側からまじで現実になってしまって我ながら驚いている次第です…

初産なので分娩時間はかなりかかるんだろうなぁと思ってましたが、まさかの最初から陣痛5分間隔、陣痛開始15分で破水(後から思うと陣痛と同時破水だったかも)!

そこから病院に連絡して行きしばらく苦しみ子宮口全開になり分娩台に乗ってから30分のスピード出産!!分娩所要時間は7時間半でした。看護婦さんらにびっくりされると共に、次はもっと早いと思うから気を付けて!と幾人にも釘をさされてしまいました。

ということで!今回のお産を振り返りながら詳しく出産レポートを記していこうと思います!!!

スポンサーリンク

37w0d日中、妊婦検診からの公園散歩

37週に入った当日、午前中に旦那と妊婦検診へ。正産期に入ったということで、赤ちゃんどのぐらい下がってきてますよーとか、子宮口少しだけ開いて来てますよーとか何か出産の予兆を言われることを期待するもまさかの内診なし。

すこしがっかりしつつ病院を去り、お腹に旦那と二人で「もう出ておいで~♪」と話かけ、陣痛を促そうと午後には階段や坂のたくさんある公園に出向きいっぱい歩きました。ちなみにその公園の中には安産祈願の小さな神社があり、図々しくもお賽銭をもたずにお参りしてきました(笑)

帰宅後、こたつにもぐり横になっているとお腹が痛い気が

帰宅後、いっぱい歩いて疲れたのでソッコーでこたつにもぐり横になりました。もぐって少しすると、お腹に地味な痛みが。

また前駆陣痛かなーと思いながら、おまたのあたりでゴポッ、という音がした気が。この時は腸が動いたな?くらいにしか思っていなかったのですが、その後おりものがフワッと出るような感覚。そして地味な腹痛もあれから2回ほど。

おりもの増えてきたっぽい!おりもの増えてくるとたしか出産近いんだよな~!なんて思いながら起き上がると、なんとおまたのあたりがじんわりあったかくなってきて、一気にビショビショに!!
破水だ!!!

「たすけて!!」とキッチンで夕飯を作ってくれていた旦那をすぐに呼び、生理用ナプキンの大とバスタオルをおまたにあてながら、病院に電話!

一時間くらいでつきます!と話し、準備しておいた入院の荷物を持ち旦那と本日二度目の病院へ向かいました。

お腹の痛みが3回くらいで破水となりましたが、今思うと多分ゴポッとしたあれは破水の音で、陣痛と破水同時開始だったんだろうな・・・

陣痛の間隔を測ると大体5分間隔。思ったよりも規則的ではない

破水によりこの3回の痛みは前駆陣痛ではなく陣痛だと確信し、事前にダウンロードしていた陣痛の間隔を測るアプリで計測開始。既に5分間隔。

陣痛ってほんとうに綺麗に同じ感覚でくるよ!なんてウワサを聞いてたのですが想像していたよりも規則的にこない。5分間隔といっても次の陣痛まで4分だったり6分だったり。

病院につく頃には陣痛2,3分間隔になっていました。痛みはというと、全然余裕。痛みの波がきても「あーきたきた、痛い~」とか言いながら歩けるレベル。断然生理痛のほうが辛い。

内診すると、赤ちゃんはかなり降りてきていて子宮口は2cm

病院につくと、まずは内診。見てもらうと、赤ちゃんはかなり降りてきていて子宮口は2cm開いているとの事。

なんだーまだ2cmか、と思いながら陣痛室へ移動し、お腹の張り具合をみる機械をつける。やっぱり思ったより規則的ではなく、張りの波もさまざまだ。

機械をはずし、夕飯を食べそこなったので旦那におにぎりを買ってきてもらい「痛い~」とつぶやきながら食べる。

痛みが生理痛並み→すぐに生理痛超えに!

食べ終わって少しすると、なんだか痛みが強くなってきた。陣痛開始から約2時間だ。生理痛とどっちが痛いか?と聞かれたら首を悩ますレベルの痛み。

それから30分もせず生理痛を超える痛みになってきた。もう声をもらさずにはいられない痛み。痛みがくる度「あ゛ーーーーー!」「う゛ぅ゛ーーーーーー!!」と叫び声や唸り声をあげて気を紛らわす。

しかしよく聞くいきみたい感覚というのはあまりなし。

この頃から痛みのあまりに嘔吐。さっきせっかく食べたおにぎりを少しずつ戻していく・・・

陣痛の間隔はというと、もはや痛みがすぐ来る感じ!とだけで、分からない。もちろん時計をみたり時間を測る余裕などなし。

助産師さんに「かなり痛そうだから、内診してみようか?」と言われ内診すると、子宮口の開きは5,6cmくらい。

まだ半分か!!と絶望におそわれ助産師さんに「死んじゃうよ~あとどのくらい!?!?」と聞くと、「まだもう少しかかりますね~、3,4時間くらいかな・・・でも開く速度早い方ですよ!」と。

3,4時間と言われ、死んじゃう死んじゃう連呼していると、早ければ1時間かも!と助産師さん。

1時間で解放される可能性がある!!と知り、ほんの少し元気が出た。

もう叫ぶ体力もなくなってきて陣痛の合間に夢うつつ

その後、だんだんと叫ぶ体力もなくなってきて無言で痛みを耐えるように。しかも陣痛と陣痛の合間に寝かける。しかしすぐ痛みはやってくるので完全には寝れず。ふと夢をみかけたりもした。

それから、痛みがくると「これは自分の腰じゃない、誰の腰だよ!?はやく取りに来いよ」という謎の八つ当たり劇を頭の中で繰り広げはじめた。意味が分からないし、何故そんな妄想をしていたのかも謎だか、痛みに頭が狂ってしまったとしか思えない。しかし、その妄想劇のおかげでなんとか耐える耐える。

急にいきみたくなってきた!!

そうこう痛みに耐えていると、さっきまでほとんどなかったいきみたくなる感覚が!!しかしよく言われる”ボールでおしりを押す”みたいな事をすると余計痛くて気持ち悪く、腰を前に出すことで耐える。

何度かそんな事を繰り返すと、もう我慢のできないいきみが!!もう無理!!となりナースコールを無駄に連打。

これでさっきより開いていたら分娩室いきましょうか~と助産師さん。内診すると、子宮口9cm。「きた!!」と急に元気の出る私。

そして陣痛の合間に分娩室へ移動。

分娩台にのり30分で出産!!

分娩台にのり、いろいろと固定される。

「まだいきんじゃダメですよー、今いきんだら子宮口裂けちゃってこれが縫うの大変なんだ~」と脅される。脅されるが、我慢できるいきみじゃない!!もう自分の意志とは反して勝手にいきんでしまう。

さらに嘔吐の量も多くなってきた。

なんとかなんとか逃そうと腰をよじりよじりしているうちに先生が到着。子宮口10cm、全開!!と言われ、いきんでください~なんて言われる前に勝手にいきむ。

何度かいきむと、「お手伝いするためにちょっと切りますので麻酔をかけますねー」と先生。噂の切開か!!とおもっているうちに麻酔をさされ切られる感覚が。噂通り痛くはない。麻酔してるから当然か。

それから2,3回くらいいきんだろうか?突然助産師さんに「胸に手をあててフーフーしてください!」と言われる。

ん?このセリフを言われたという事は、産まれたのか??

なんてふと我に返っていると、下の方で「オギャー!!!!」という産声が!!!

産まれた感覚があまりなかった為突然の産声にびっくり!と共に、真っ先に思ったのが「あぁもう痛みの波はこないんだ!!!」という安堵だった。

出産後の処置、赤ちゃん

その後胎盤を出してもらったのだがやはり感覚はなし。いつのまにか出ていたようだ。

産んだ後、お腹の上に赤ちゃんをのせてもらい、初対面。小さな体に「あぁ・・・!」と言うことしかできなかった私。計測などするためすぐに赤ちゃんからは離されましたが、それからは疲労でぼーっとしながら会陰切開の跡を縫ってもらった。

下のほうで、「あ、おしっこした!グラム数減っちゃったかな~」「あ、またおしっこした!」なんて声が聞こえてくる。どうやら私の赤ちゃんは出てくるなり放尿しまくりだったようだ。なんとグラムを正式に測る前に3回もおしっこしただとか・・・。

こうして産まれたのはこんな子!

こうして日付が変わってすぐの0時7分、37w1d
2830gの男の子を出産いたしました!!

初産なのに分娩所要時間7時間半のスピード出産!しかも分娩台上がってからは特に30分という猛スピード。

37週入ったらすぐ産まれておいでって言ったら、まじで37w0dで産気づいて出てきたお利口さん。正産期はいってすぐの出産でギリギリ早産時にもならず。

妊娠中、ずっとパパに「お母さんに迷惑かけないんだよ!!」なんて言われ続けてきたから、ほんとに心配も迷惑もかけないベストなタイミングで出てきたのか。しかもできればパパが居る時にね~なんても言ってて本当に旦那が休みの日に出てきたもんときた。

産まれた時から物分かり良すぎて反抗期はむちゃくちゃになるんじゃないかと今から心配だ・・・笑

ちなみに、自分のことでいっぱいいっぱいであまり文章には登場してないが、最初から立ち合いまでしっかり旦那は私のもとについて励ましたりお世話したりしてくれてました!!嘔吐したら口を拭いてくれたり、腰をさすってくれたり・・・しかし腰をさすってもらってよかったのはまだ生理痛ほどの痛みの時までで、それ以降は触られるだけでひどいもんだったので私からお断りした(笑)

分娩台でも上から励ましてくれてはいたが、耳にはいらず。唯一「もう少しだよぅ!」とだけ言われたのは覚えている・・・

これからは育児記事も書いていきたい!

という事で、私の出産レポートは以上です!

巨大絨毛膜下血腫切迫早産などいろいろありましたが、いままで妊娠の経過を読んでくださっていた方、本当にありがとうございます!

これからは育児の記事とかも書いていきたいと思ってる感じです。

あとは出産後の経過の記事もそのうち書きたい・・・!

まずはレポートも書いたしゆっくり休むかな!

ショコハジロでした!

スポンサーリンク

投稿日:2018年12月27日 更新日:

執筆者: