都合の良い生き方をしたいコミュ障による雑記ブログです。

出産後、脇の下が痛くなり腫れ(しこり)が!正体は「副乳」

ショコハジロです。

先月無事息子を出産した私ですが、その際に思いもよらぬトラブルに見舞われました。

なんと出産後、脇の下が痛くなり腫れだしたのです!

しこりがあるような感じに腫れ、熱も持っている。これがとってーーーも痛い。

さらに言うならばおっぱいも張って痛い。

まさかおっぱいが張りすぎて脇の下方面まで炎症が起こってるんじゃなかろうか!?と心配になり、助産師さんに相談すると

「あー!副乳ね、けっこうある人いますよ~~」

と。副乳!?何それ!?

という訳で、副乳とは何なのか、痛くなったらどうしたらいいのかについてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

副乳とは?

副乳とは、簡単に分かりやすく言うと「第三のおっぱい」です。人間も哺乳類ですから、昔の名残で消え切らず残っていることがあるそう。

組織だけが脇の下にあり、出産で母乳が出るようになると同時に一緒に張ってきて気づいたり、中には生理前や生理中に腫れたり妊娠中に腫れたりして気づく方もいるのだそう。私は右の脇の下だけでしたが、両方にある人もいたり、脇の下じゃなくお腹のあたりにある人もいるのだとか。

基本的には組織だけがある感じなのでそこから母乳が出ることはないそうですが、まれーに出る方もいるのだそう!大変だ。

女性の約20人に1人が副乳を持っていて、そんなにめずらしいものではないのだそう。

 

副乳が痛い!どうしたらいい?

で、この出産後の副乳の腫れ、ものすごーーーーく痛いんですよね。せっかく陣痛に耐えて出産したというのに今度は別の痛み!!どんだけ痛みに耐えなきゃならんのだ、こちとらMじゃねーんだよ。

痛い痛い言ってても仕方ないので、助産師さんに副乳だと聞く前は

ショコハジロ
きっとおっぱいが張って何かが滞ってて炎症を起こしてるんだ!揉んでマッサージして流れを促そう

と思ってやさしーくマッサージしてました。

ところが助産師さんに相談し副乳だと言われると同時に、

「さわったりしたらダメですよ」

と。なんでも触ったり揉んだりすることで血流が良くなり副乳がさらに発達してしまうとの事。やっちまった!!

副乳が腫れて痛い時は

  • できるだけ触らずにそっとしておく
  • どうしても我慢できない時は冷やす

が正しいのだそう。間違っても刺激してはいけない、と。

痛いのに何もできないもどかしさと言ったら!!

一週間くらいしたらおさまってきますよ~と言われましたが、私の場合産後一週間たってもまだ痛かった。一週間過ぎたくらいから徐々にマシになってきて、大分楽だな~ってなったのは2週間過ぎたくらいだったかな・・・。

 

あまりにおさまらない場合は

まぁそんな感じに個人差はあれど、おっぱいの張りがマシになるにつれ副乳の腫れもマシになってくる訳ですが、あまりにおさまらない場合は副乳ではなく「乳がんだった!」なんて事もあるのだそう。

あまりにおさまらず心配な場合はお医者さんに行きましょう!それで検査して「副乳ですよ~」と言われれば安心できるしね。

 

いやーしかしいろんな痛みに耐えなきゃならず女はつらいですな!

ショコハジロでした。

スポンサーリンク

投稿日:2019年1月24日 更新日:

執筆者: