都合の良い生き方をしたいコミュ障による雑記ブログです。

【切迫早産】リトドリン内服薬の副作用がつらい話。点滴との違いは?

ショコハジロです。

一週間前、お腹の張りが頻繁で夜間の救急外来に行きそのまま入院になり、切迫早産と診断された訳ですが、幸いにもリトドリン内服薬で大分張りは落ち着き、4日ほどで退院。それから3日経って今に至る訳なんですけどね、

リトドリン内服薬の副作用が思ったよりきついーーーーー

 

スポンサーリンク

動悸はするし胃は仕事しないし、暑い

もうね、ドキドキするし体は火照って暑いし、胃の調子はもともと良くなかったのが更に悪化してる!!胃に至ってはむかむかする感じとも違く、なんか胃が仕事してない感じ。胸あたりが苦しく、横になると喉の辺りまで内容物が戻ってくる感じ。あと手が震えて細かい作業ができない。パソコンのキーボードは辛うじて打てる(笑)

ドキドキと手の震え、火照りは服用から大体2,3時間くらいで収まるんだけど、胃はどれだけ時間が経ってもまるで仕事しないね。全く動いてないんじゃないけど、かなりのんびり仕事してる・・・食事量減らさないとまじで苦しめられるばかり・・・食欲は非常にあるからきつい。。しくしく。。

 

点滴との比較

一応ね、ウテメリンかリトドリンの点滴の経験もあるんですよ。妊娠6週頃に出血して個人病院に行き入院になり、本当は16週超えないと使っちゃだめなはずなのに使われたあの時。無知だったからこういう治療があるのかって普通に受けちゃったけど、今思えばやばい。とんでもない病院に行ってしまったもんだ。

ってな経緯で子宮収縮を抑える点滴の経験もあるんですけど、点滴とまではいかないけど内服もなかなかの副作用の威力です。点滴と比べるとこんな感じ。

動悸

内服:薬飲んで約30分後からドキドキしてくる。2,3時間はドキドキしっぱなしだがその時によって動悸の感じ方にムラがある。動悸の程度は眠りにつきづらいほど。服用から一週間が経つが未だに動悸には慣れない。

点滴:点滴を初めて10分後くらいにはもうドキドキし始めてた。初めは「こんなん絶対に寝れない」ってくらいの動悸だった。点滴から一週間もすれば内服程度のドキドキには落ち着いていた。かれこれ20日くらい点滴をしたが、それからの動悸はほぼ平行線でキープ。

手の震え

内服:服用から2,3時間、ある程度あり。力を抜いていれば震えてるようにあまり見れないが、手をパーに広げたりすると震えているのがよく分かる。文字を書こうとすると歪む。

点滴:かなり激しい。おとなしくしてても震える。最初は手の震えどころか歩くことすらままならなかった。読める文字が書けない。点滴して一週間後くらいからは震えながらもなんとか読めるくらいの文字はかけた。一週間後くらいからは平行線で変わらず。

火照り

内服:熱を出して寝込んでるときのような火照り。動悸、震えもあってかまじで風邪で寝込んでる感じの時とそっくり。その時によって火照りかたにムラがあり。高熱の感じの時もあればあまり気にならない事も。

点滴:他の副作用があまりに酷く、点滴してたのが寒い時期だったのもあってよく覚えていない・・・。

胃の調子

内服:むかむかというよりは胃が仕事しない感じ。消化までに超時間がかかる。普通の量食べた時には胸あたりがくるしく、横になった時には喉元まで内容物が逆流してくる。ちなみに今日は、納豆ごはん一杯分食べて横になっても大丈夫になるまでは6時間くらいかかった・・・。一回に食べる量を少量にする事と、枕を高くする工夫で少しは楽になる。(それでもうっかり食べてしまうから困っている)

点滴:つわりの時期と重なって、まさか点滴の副作用もあったとはその時考えもしなかったが、そういえば転院になり点滴はずした頃に気持ち悪いのがおさまった気がする!時期も時期だったからつわりが終わったとばかり思っていましたが、点滴の影響もあったのかも・・・今となっては謎。

 

点滴ほどまでではないが、効果が弱いと言われる割にはしっかりとした副作用

そんな感じで、リトドリン内服薬は点滴とは比べ物にならないくらいの弱い効果と言われている割に副作用はけっこう主張してきます。自己主張激しい。

点滴よりかは楽だけれども、私の場合は点滴は段々慣れてきてるのが日に日に分かったのに対し、内服は服用初日とさして変わらない副作用です。なんで。

とにかく、リトドリン内服はつらいけど早産してしまうのは絶対に嫌なので頑張って飲み続けようと思います・・・もちろん、点滴して入院はもってのほかなのでがんばってくれよリトドリン内服薬!!お前だけが頼りだ!!!!!

 

ショコハジロでした。

スポンサーリンク

投稿日:2018年10月5日 更新日:

執筆者: