都合の良い生き方をしたいコミュ障による雑記ブログです。

妊婦ですがラーメン食べたらとんでもないことになった話

ショコハジロです。

現在妊娠6ヵ月!さっきもポコポコと胎動を感じ、とっても順調でございます。

ところで、この前すごくラーメンが食べたくて食べに行ったんだけど、その後とんでもない地獄に陥ったので、その時の話をしようと思います。。

 

スポンサーリンク

大好きなラーメンをお腹いっぱい!幸せ!

私の大好きなラーメン。それは全国チェーンで展開している”くるまやラーメン”の”三陸わかめラーメン味噌味”!!

くきわかめ、わかめ、めかぶ、もやしがトッピングされていて、この具を麺に絡めて食べるその瞬間はもう最高としかいいようがない。そして、これを超える美味しさのラーメンを私は知らない。

この前、母と妹と外食に行く事になったのだが、妹の「マック行きたい」という意見を大人げないながらはねのけ、くるまやラーメンに連れて行ってもらい、この最高のラーメンを食べた。

妊婦はラーメンをNGとされがちだが、私は幸いにもまだ体重制限などかかっていなかったので、思う存分味わって食べた。しかし、いちおうつゆは少し残した。

 

母と妹と、買い物をしていると

その後、母と妹と西松屋へ行き、産まれてくる赤ちゃんのための物を何かしら見に行った。

赤ちゃん用品を眺めていると、お腹の調子がおかしい。腹痛だ。海藻類を大量に食べたため便通がいきなり良くなったのか。痛くなったりおさまったりをくりかえしながら、次の目的地であるスーパーに向かった。

スーパーの駐車場についた頃にはもう完全に中身が出そうだった。早く歩きたいが、早く歩いたら漏らしてしまいそうだ。妹を支えにしながら、スーパーのトイレを一目散に目指した。

トイレにつくと、ソッコーで中身が出た。漏らさなくて本当によかった。しかし、完全な下痢である。妊娠前はあのラーメンを食べてお腹を下すなんて事は絶対になかったのに、しっかりと体質変化しているようだ。これからは注意しようと思った。

 

しかし、それでは終わらない

出すものを出してすっきりすると、とても快調だった。スーパーでの買い物も終え、アパートまで送り届けてもらった。

その後が、地獄のようだった。

帰ってからすこしすると、ラーメンのおかげで喉が渇いて渇いてしょうがない。常に水を飲んでいないと喉付近が非常につらい。ラーメンを食べて喉が渇くことは妊娠前でももちろんあったが、こんなに異常に喉が渇くなんていう事は初めてだった。もはや病的だった。

水を飲んでいないと辛いので、飲みまくっていると今度はお腹が苦しい。完全に飲みすぎで、今にもはちきれそうだ。もう苦しくて何も手をつけられない。

ラーメンはお昼に食べたのだが、夜ご飯の時間になっても一向にお腹がすかない。すかないどころか、お昼から変化を感じられないほどにまだ苦しい。しかも、その時間になってもまだ喉の渇きも癒えなかったため、口に水を含んでちびちび飲み込むという事をずっとやっていた。

夜ご飯の時間からもしばらく過ぎ、寝る間際。大体、ラーメンを食べてから10時間たったくらいだ。まだ苦しい。もはやこのまま寝られるのか不安だった。しかし、幸いにもこの辺りから少しずつ喉の渇きは良くなってきたため、くるしいお腹を抱き枕で角度調整しながら、なんとか睡眠をとることができた。

 

翌朝

翌朝は、お腹の苦しさもおさまり、喉の渇きもすっかり納まっていた。助かった。前日は本当に長い一日だったと感じた。

妊娠して、やっぱりいろいろ体の仕様が変わっているのだろう。これを読んだ妊婦さんは、私と同じようにならないよう是非ラーメンには気を付けて頂きたい。「ラーメンは塩分が高くて体によくないから妊婦はあまり食べるもんじゃない!」という世間のいう意見はもちろんかもしれないが、私的には今回の事から「ラーメンは塩分が高くて、妊娠前は平気でも妊娠中の体の変化で病的なまでに喉が渇いてやばいことになる場合もあるから注意したほうがいい!」と言いたい。

しかしラーメンとは罪な食べ物だ。あんなに美味しいのに、体に良くないだなんて。

 

でもね、こんなになってまで言うけどね、

もう既にくるまやの三陸わかめラーメンの味噌味が食べたいよーーーー

 

ショコハジロでした。

スポンサーリンク

投稿日:2018年8月28日 更新日:

執筆者: