都合の良い生き方をしたいコミュ障による雑記ブログです。

夫婦円満?旦那に可愛く見られたいが為ぶりっ子してしまう話

こんにちは、ショコハジロです!

今日の岩手もなかなかの暑さ。この賃貸に引っ越してきて初めての夏で、クーラー(しかも2001年製!)ばっかり使っているので今月の電気代が怖いです。

ところで、先日職場にものすごいぶりっ子がいてやばかったよーいって話をしましたけど、実際私もぶりっ子してしまう時があるんですよ。

旦那の前限定で!!!!

世の妻の皆さん、この気持ち分かります?分かるでしょう??

あ、今日はちょっと腹黒い話になりますんで、苦手な方はお帰り下さい。

 

スポンサーリンク

旦那に可愛く見られたいんだよ

えー、旦那の前限定でぶりっ子してしまう、その理由は言わずともがな旦那に可愛く見られたいから

でもさ、実際そこらへんにいるぶりっ子みて可愛いと思われるか?というと違うじゃん。どっちかと言えば男性からしてもウザがられることも多いじゃん。

でも旦那にぶりっ子するって、そういうのとまた別次元の話なんだよね。

男性の前、もしくは皆の前でぶりっ子してるのは、ぶりっ子ターゲットが複数だけど、旦那にだけぶりっ子っていうのはターゲットが旦那のみで、つまり旦那からしても”俺に”可愛いって思われたいんだなっていうのが言わなくても分かるっていう事!!!「俺に可愛いって思われたいの?可愛いなあ~」ってなる訳!!!

 

で、効果はいかほど?

初めに言っておくと、旦那はその辺のぶりっ子に対しては「え、それ素じゃないじゃん、なんでそうなの?」っていう冷静なタイプ。

でも妻にあたる私がぶりっ子するとめちゃくちゃ可愛がってくれる!!!

これだからやめられない(笑)

例えば朝旦那が出勤する時、「えーっ行っちゃうの?さみしぃ~早く帰ってきてねー♡」って言うと、「うん、早く帰ってくるからね、待っててねー♡」って言ってちゅーして去って行ってくれる。

行動でいうと、旦那が座ってる時、わざと横になって膝枕するとめっちゃなでなでしてくれる。あと歯磨きしてる時とかうしろから抱き着くと歯磨き終わった後に抱きしめてくれる。

そんな感じにめちゃくちゃ可愛がってくれて嬉しいからぶりっ子してしまう。旦那からの愛情を感じられやすいってのもあるよね!!

 

私がぶりっ子すると旦那もぶりっ子になる

面白いのがこれ。私がぶりっ子すると旦那もぶりっ子になる。

例えば好きって伝えるのに、「ちゅきーっ♡」って言うと、「ちゅきちゅきー♡」って返ってくる。「ぎゅ~♡」って言うと「ぎゅぅっ!♡」って言ってハグしてくれる。

私がぶりっ子な感じでいくと旦那もぶりっ子な感じで返してくれるのだ。これでもういわゆるラブラブ夫婦の完成じゃん?(バカップルとも言う?)夫婦関係においてぶりっ子ってけっこう有効に働いてくれると思うんだよね。(腹黒)

 

もちろん素の私は旦那は知っている

もちろんだけど素の私がこんなんじゃないなんてことは旦那は分かっている。

テンション低い時の全く可愛げのかけらもない私も知ってるし、機嫌悪い時の近寄りがたいオーラを放っている私も知っている。キレた時の鬼の形相の私も知ってるし何もしていない時のなんともいえないthe.普通の私も知っている。

だからこそ旦那の前でのぶりっ子って効果あるよね。「あ、今可愛がって欲しい時なんだな」って分かりやすい訳。こういうアクションがないと旦那側もいつ可愛がってあげたら良いのか分からず、ちゃんと愛してるにも関わらずそのままの状態が続いちゃって、妻側が「旦那が愛してくれてるのか分からない、、」って不満が募ってしまうんだよね。多分。

まぁわがままを言うと常に可愛がって!!!って思うんだけどね!!!(笑)

 

ぶりっ子は夫婦円満の潤滑油

えーっとつまり何が言いたいかっていうとね、ぶりっ子は夫婦円満の潤滑油だよねって話。腹黒い話だけど。

ぶりっ子することで旦那に”可愛がってほしい!”という事を分かりやすく伝えることができて、旦那も愛情表現をするタイミングが掴みやすい訳。もちろん中には突然妻がぶりっ子しだしたらびっくりしてなんも反応できない旦那さんもいると思うんだけどさ、自分に可愛がって欲しい、可愛く見てほしいって思ってる妻を見て嫌な気持ちになる旦那さんってそうそういないんじゃないかな。旦那に可愛がってほしいなぁ~って思う奥さんはちょこちょこぶりっ子続けてみる価値はあるよね!!

男性ってけっこう不器用な人多いと思うからさ、妻がうまく転がしてあげないとね!!!(腹黒い腹黒い)

 

愛されたい妻はぶりっ子しようぜ!!

と、いう事で

旦那に愛されたい妻は思いっきりぶりっ子しようぜ!!!

その後の責任は取らんけどな!!

ショコハジロでした!!!

 

スポンサーリンク

投稿日:2018年7月25日 更新日:

執筆者: