都合の良い生き方をしたいコミュ障による雑記ブログです。

専業主婦をニート呼ばわり?違いと見下す発言をする人の心理

こんにちは、ショコハジロです!

ニートだった私がこの度結婚したことにより周りから「専業主婦になったんだね~、家事大変でしょ?」などと言われることが増え、その度なんだか不思議な感覚にとらわれています。

ニートでしたが、結婚したことにより慣れない家事をこなさなければならなくなりニートと専業主婦の違いを確かに感じているわけですが、何故か世の中には専業主婦をニート呼ばわりする人たちがいますよね。

と、いう訳で今日は

・専業主婦はニートなのか?

・時間が有り余っている主婦はニート同然なのか?

・兼業主婦と比べたら甘えなのか?

・専業主婦を見下す発言をする人の心理

みたいな感じの事について考察してみました。

 

スポンサーリンク

専業主婦はニートなのか?

専業主婦とは言わずともがな、夫を持ち家事・育児専任でがんばっている女性のことですね。そして、ニートとは働ける環境にあるにもかかわらず働かない若年層のこと。この時点でもう専業主婦はニートではないということが分かりますね。

ではもう少し深く掘り下げてみましょう。家事・育児を別にしなくても良く、働ける環境にあるのにも関わらず好んで家事・育児をしている女性のことは?

これもニートではなく専業主婦ですね。別にしなくてもいい環境かもしれませんがしている事には変わらないので。家事にこだわりがあったり、子供はしっかり親が育てるなど、いろいろな意識があるのでしょう。すばらしい事ですね。

では子供も居ないのに家事に専念している女性のことは?

夫が仕事に専念できるよう、そして帰ってきて居心地のいい家になるようがんばって家事をしているのですから専業主婦ですね。

では、結婚して家に居て家事も育児も全くせず一日中グダグダしている女性のことは?

これは、本当に全く家事・育児をしていないのならばニート同然でしょう。と、いうかそれは家事・育児を全くしていないということで専業主婦ではなくニートでしょう。但し、普段家事をしている人がたまに一日二日何もやらなかったというのはこれに含まれません。専業主婦だって休みが必要です。また、普段家事・育児をしていた人が体調不良・妊娠などでしばらく家事・育児ができる状況じゃなくなったとしてもそれは働ける状況下ではないのでニートとは言いませんね。

 

「専業主婦なんて、時間有り余ってんじゃん」

と、考える人もきっと中にはいるかもしれませんね。しかし、これは人によるでしょう。家事というのは頑張ろうとおもえばいくらでもやることがあります。料理だってものによっては手間がかかりますし、洗濯だってしっかりやろうと思えば酷い汚れの所は手洗いしたり染み抜きしたり、毛玉が付いていれば取り除いたりなどなど時間がかかります。掃除なんて特にしっかりやろうと思えばきりがないですね。お風呂にキッチン、トイレ、リビング、寝室、たなやちょっとした隙間、窓などなど・・・考えただけで頭が痛い。まぁこれを全部やろうと思えばどう考えても1日では足りないので毎日やっている主婦はそうそういないと思いますが、、。

半面、家事というのは簡単に手を抜くこともできます。ご飯はお惣菜を買ってきて、洗濯は洗濯から乾燥まで機械任せ、掃除はほとんどしなくたって生きていけます。

そして育児。いや、これは子供が小さければなおさら激務と言っていいでしょう。赤ちゃんならお母さんはいちいち気にかけてなければいけないし、動けるようになっても子供は何をしでかすかわかりません。常に子供に気を張ってなければならないのです。夫が安心して仕事ができるのは、妻がしっかり子供を見てくれているからですよね。たとえ保育園や幼稚園に通わせていたとしても、こんどは家事も待っています。そして心身共に調子を崩さないようしっかり休憩をとる必要もあります。(通わせてないのであれば休む暇はほぼないでしょうね、、、)育児しているのにニート呼ばわりはあまりに無理がありますね。

つまり、専業主婦には時間が有り余っているかどうかは本当に千差万別で休む暇なく過ごす方もいれば時間が有り余っている人も居る感じですね。

 

子供なしで時間の有り余っている専業主婦はニート同然?

とはいえ、子供のいない専業主婦の方はゆったりと時間を過ごしている方も多いかもしれません。

「じゃあ時間の有り余ってる子供なし専業主婦はニート同然だな」

なんて声も聞こえてくるかもしれません。まぁそもそもこの時点でちぐはぐな事を言っているのですが、ひとまず有り余っている時間以外の時間の使い方に少し目を向けてみましょう。例えば、同じ洗濯物をたたむにしてもプロの技を持っていて2分で片づけてしまう主婦。かたや洗濯物をたたむのは大の苦手で20分もかかってしまう主婦。一通り家事をこなしたとして1時間で済む主婦、同じことをしているのに4時間もかかる主婦。ふと帰ってきた旦那さんなんかには4時間かかる主婦のほうが頑張って見えるかもしれません。しかし余る時間が違うけれどやっている事柄は一緒、なのに要領の良い主婦のことをニート同然と呼べますか?

そして手を抜いたことにより時間の有り余っている子供なし主婦について、これはたまにならなんら問題ないと思いますが、健康であるにも関わらず頻繁に手抜きをするようであればだらしないかなと思いますが(数日洗濯物をためこみっぱなし!など)家事をやっているのに変わりがないのであればニートではないでしょう。

 

家事や育児と両立している兼業主婦と比べたらニート同然?

「家事や育児と両立してパート・正社員に関わらずとも仕事もこなす主婦だっているのよ!それに比べたら専業主婦なんてニート同然じゃない。」

こういう言い方する人っていますよね。もちろん家事や育児もこなしバリバリ働く兼業主婦の方は尊敬に値しますよ。でも、その言い方はよく考えると全く脈柄のない誹謗中傷です。

「専業主婦」である人は「ニート」には当てはまりません。

家事などに手を抜いたとしてもそれはだらしない専業主婦です。

「ニート」である人は「専業主婦」には当てはまりません。

結婚して夫がいて心身ともに健康にもかかわらず全く家事をしないのであればそれは専業主婦ではなくニートです。

どれだけ素晴らしかろうが「ニート」は「ニート」です。

どれだけしっかり家事をしていようが、社会に貢献してようが、誰もが尊敬する偉業を成し遂げた人であろうが、健康であるにも関わらず働いていなく配偶者がなければニートです。

専業主婦だから家事育児しっかり立派にやっているとも限らないし、ニートだからといってだらしなく過ごしているわけでなく自分の趣味をバリバリ楽しんだり資格取得のため勉強したりしてアクティブに過ごしているかもしれない。はたまた、専業主婦としてだらしなくても地域や学校の役員などでは大活躍でなくてはならない存在の人だという可能性もある。もちろんすべてにおいてだらしない人もいるだろうが、”専業主婦”、”ニート”という言葉ではがんばっている人かだらしない人なのかは分からない。

つまり、専業主婦=ニートだと言って煙たがる人は偏見の持ち主であり専業主婦の方をニートという世間一般悪い印象のものに置き換えて貶めたいだけです。

 

専業主婦が甘えなのではなく兼業主婦が尊敬に値する

まぁ専業主婦=ニートだと言う人が専業主婦を貶めたい人なだけだとしても、「ニートとは言わずともちょっと甘えだよね」と思う方も居るかもしれません。が、専業主婦が甘えなのではなく兼業主婦が尊敬に値するスーパーマンなだけです。兼業主婦が一ラインを越えてすごいだけです。

散々言ったように、専業主婦だからといって必ずしも楽をしているわけではありません。なのに、専業主婦と同じくらいの家事・育児をして仕事もしているというのはそれは器用で要領がよくて、とてもすごい事です。

頑張っている専業主婦並みの掃除のキレイさや料理の手の込みようとは言わなくても、生活に支障が出ない程度に家事をこなして仕事もこなして、という感じでも十分尊敬に値しますね。

男性でも仕事に家事育児こなしている人がいれば、それはスーパーマンでしょう?それと同じです。

 

仕事をしている方が楽、という場合もある

うちの母は私含め兄弟4人を育て上げましたが、私たちが小さい頃は専業主婦でした。そして時たま「仕事をしていた方が楽」と漏らしているのを聞いていました。そして、一番下の妹も小学校高学年くらいになり手があまりかからなくなった頃から父の反対を押し切り仕事に出かけるようになりました。

うちの母が特殊なのかな?と小さいながらふわっと思っていましたが、社会に出てみると一定数そういった意見の人がいることに気づきました。

家事が苦手、家にこもっているのが嫌、一日中子供と向き合っているのが大変、という方は少しでも仕事に出かけたほうが気晴らしできて楽になるというパターンもあるようです。子供と一日中向き合っていなければならないというのは経験した人にしかわからない精神的つらさがある場合もあるのだそう。

 

専業主婦を見下す発言をする人の心理

100%心が乏しい、余裕のない方です。

専業主婦だという事を攻めてくる旦那様が居たとしたらそれは働いていないというのをこじつけに妻を貶めて気分を晴らしているだけ、もしくは金銭的余裕がないことで心にも余裕がなく働いてほしいことを皮肉でしか言えない精神状態となっているかでしょう。家計が苦しく働いてほしいだけならば見下す必要はありませんからね。完全なモラルハラスメントです。

専業主婦を見下す兼業主婦についてはほんとは自分も専業主婦になりたいのになれないことから専業主婦の方を貶めて自分を正当化しているだけか(妬みですね、)、自分のほうが妻として上だと主張したいだけのいわゆるマウンティングですね。

まったく関係ない人が見下すパターンについては働いていない状況へのただの嫉妬か、専業主婦という生き方を理解する事のできない想像力と心の乏しい方などでしょう。

だって専業主婦は誰に迷惑をかけている訳でもないんですからね。生活保護を受けているわけでもないし。批判の対象となる事は全くありませんよね。

なので専業主婦の皆様、そういう発言をしてくる方がいても気を落とさないで下さいね。そういう方は自分の乏しさを周囲にばら撒いている行為をしているだけなので。可哀想な人、くらいに思うと良いでしょう。

 

まとめ

・専業主婦はどう考えてもニートではない

・そもそも専業主婦でありニートという状況はありえない

・専業主婦だからといって頑張っている人か頑張っていない人かは分からない

・専業主婦を見下す発言をしてくる人は100%心が乏しく余裕がない

専業主婦にも幅があるって事!

え、あなたはだらしない主婦な印象だけどって?その通りです

それではさようなら。ショコハジロでした。

スポンサーリンク

投稿日:2018年4月28日 更新日:

執筆者: