都合の良い生き方をしたいコミュ障による雑記ブログです。

妊娠期間を快適に!妊娠中買ってよかったもの・使わなかったもの

ショコハジロです。

やっとこさ出産を終えたところで妊娠中に買ってよかったもの、それから使わなかったものをまとめてみました!

妊娠中はただでさえ体がしんどいので、できるだけ快適に過ごすことでストレスの軽減をはかりたいですからね~。

これから妊娠を考えている方、現在妊娠中の方の参考になれば!

 

スポンサーリンク

馬油

全妊婦が裂けて通りたいであろう”妊娠線”。その予防に馬油がとっても効果的でした!!

方法はお風呂上りにお腹に馬油を塗り込み、その上から化粧水をペチャペチャとつけるだけ。化粧水は大量に入って安いやつで結構です。

これで出産まで妊娠線できなかったし、思いがけず産後の乳首ケアとか赤ちゃんのおしりかぶれとかにも大活躍した!!産前から産後までめっちゃ重宝。

さらにコスパも最強ときた。詳しくはコチラにまとめてあります~~

三日月形抱き枕

妊娠期間中、横になる時に苦しくて苦しくて眠れたもんじゃなかったので、抱き枕があると楽と聞いて旦那に三日月形のやつを買ってもらいました。使い始めるとあるとないとじゃ天と地の差!!お腹の角度を抱きまくらで調整して寝る事で大分寝付きやすくなりました。使い始めたら手放せなく、切迫早産で入院した時もこの抱き枕だけは旦那に早急に持ってきてもらった。

三日月形の抱き枕の中でも、産後は授乳クッションとして使えるタイプがオススメです。産後の現在、絶賛大活躍中。

 

妊婦用ジーンズ

妊婦中期の後半からは妊婦用ジーンズばっかり履いてた。わざわざ妊娠期間のためだけに専用ジーンズ買うなんてばからしい!ワンピースでなんとかしのぐわ~とか思ってたけど、母に絶対あったほう楽だよ!と言われて買ってもらい、履き始めたらあまりの楽さにこれしか履かなくなった。

マタニティ用の衣類って高いイメージあったけど、普通の安いジーンズと変わらない価格のものもあってびっくり。というか安いやつで十分。しかも調節すれば産後も履けた。妊娠初期も締め付けが気持ち悪く着るものに困ってたのでもっと早く買ってればよかった・・・

 

授乳用のワイヤーの入ってないブラジャー

授乳用のワイヤーの入ってない、締め付けないブラジャー。もう最初は「絶対こんなんおっぱい支えられないじゃん!」と思って拒絶拒絶でした。

でも妊娠中にだんだん膨らんでくる胸に、近所じゃ売っているサイズがなくなってきた。

もう持っているブラじゃ先っぽが出てしまって気持ち悪い!!どうしよう!!と思っていた中、イオンに寄った際に店員さんに相談すると、私の拒絶していた「授乳用締め付けないブラジャー」をオススメされ、しょうがないからとりあえず試着だけ、、と思って試着すると思ったよりいい感じ!!胸の支え具合はどうしても劣るが妊娠中の苦しさが軽減されるし、何よりしっかり先っぽが隠れてくれて気持ち悪さがなかった!

尚産後さらにおっぱいが膨らんだ訳であるが、ワイヤー入りのしっかりした授乳用ブラジャーより断然楽である。張ったりした時に締め付けないし、授乳の際もワイヤーに圧迫されて痛いという事もないです。

妊娠中はスポーツブラみたいなのでも構わないですが、産後結局授乳用ブラジャーはあったほう楽なので、最初から授乳用ブラジャーを買って使った方が経済的。

 

腹巻

私の場合お腹の大きくなってきた妊娠中期後半からは寒い季節に入ったので、単純に防寒対策に毎日つけてました。岩手は寒いので。つけ忘れた日はやっぱりスッとお腹周りが寒い感じでした。夏場はただただあついので別にいらないかも。

 

おりものシート

ショーツが汚れまくるので必須!!!!!!!!!!!

汚れたらすぐかえられるので衛生的にも必須。

鉄分の入ってる牛乳

貧血気味だったので鉄分の入った牛乳を毎日コップ1杯飲んでいた。そのお陰か知らんが出産が出血多量だったにも関わらず産後の貧血はなし!

あと妊娠中にカルシウムたくさん摂っていると虫歯になりにくい子供が産まれると聞いて。

 

逆に使わなかったもの

腹帯

支えられてる安定感も別にないしただ苦しいだけだったという。安物買ったから??

マタニティショーツ

使わなかったものというか、定番だけど買わなくてよかったもの!普通のショーツで事足りた。

葉酸サプリ

友達から某有名葉酸サプリを頂いたのだが、何回か飲んであと忘れてた・・・いや、実際は飲んだ方がいいのかもしれないけど、なんせズボラでね・・・野菜いっぱい食べてたから許して。

あ、ちなみに赤ちゃんは五体満足健康に産まれてきました。

 

快適なマタニティライフを

おくってね!!

ショコハジロでした。

スポンサーリンク

投稿日:2019年1月15日 更新日:

執筆者: